コロナウイルスでわかったオンライン英会話の側面


休講する英会話教室
コロナウイルスの影響で多くの学校が休校、イベントなども中止に追い込まれています。
多くの英会話スクールも授業を中止にしています。

そりゃそうですよね。
狭い教室で、パーソナルレッスンなら先生と生徒が向かい合って、グループレッスンなら数人が隣り合ってしゃべりあう。コロナウイルスの感染はつばの飛沫なので、一人感染者が紛れていたら、高確率でコロナウイルスが移ってしまいます。
休講していないスクールでも、この状況を嫌って欠席する生徒が多くいるそうです。
この状況が一体いつまで続くのかも見えません。
多くの英会話スクールの経営はかなりきついことが予想できます。

外出を控える傾向に
そして週末。
2月28日現在ですが、土曜日にも関わらず渋谷および新宿は明らかに人が減っています。
元々中国人をはじめとした観光客の数が減っていたのですが、明らかに日本人も外出を控えています。
買い物や外食、映画やイベントを楽しむことはやめて、家で過ごしている人が増えています。

しかも今時は家でも充実した時間を過ごせます。
Netflixやアマゾンprimeなどの映画系サブスクリプション、ゲームなどで過ごすのも良いですが、ジェニーイングリッシュ的にはもちろん英語の勉強です。

フレキシブルに英会話レッスンを受講できるネイティブキャンプ
冒頭に書いた、一般の英会話教室のリスクを考えると、オンライン英会話は有利です。
どんなにカメラに接近してもコロナウイルスに感染することはありません。

そんなオンライン英会話ですが、様々なサービスがありますが、オススメするのはネイティブキャンプです。

ほとんどのオンライン英会話サービスは予約制です。
大手だと、毎日1〜3レッスン限定。実際はほとんどの人が1日1レッスンで契約しています。しかも事前に予約が必要。このようなアクシデントで週末外出しないで時間ができたのに1レッスンしか受けられません。
ネイティブキャンプはアクシデントで外出できなくなってできたフリータイムで好きなだけ英会話のレッスンできます。
ネイティブキャンプの強みはまさにここです。
レッスンを無制限に受けられること以上に、思い立った好きな時にレッスンを受けることができることです。

3月1日現在、コロナウイルスの収束は見えていません。
つまり外出する頻度が減って、家にいる時間が多くなるということです。
それは英会話の勉強に時間を割けるチャンスですね。
ぜひ、オンライン英会話で英語力をアップさせましょう。